海外【釵 VS 警棒!】日本とアメリカの武器どっちが強いか試してみた

概要

日本の古武道で使う武器(釵、手裏剣、ヌンチャクなど)と、アメリカの近代的な武器(警棒、ブラスナックル、タクティカルライトなど)の使い方を比べてみた動画が話題になっています。

海外の反応

1:海外の反応

普通の棒を武器として使うのを見て、感動しました!

2:海外の反応

手刀でトマトを切るシーンが素晴らしかったですね!

空手家の大山倍達が手刀でスイカを切ったのを思い出しました。

3:海外の反応

伝統的な武器の使い方を学ぶと、現代でも武器を臨機応変に使うことができそうですね。

4:海外の反応

他にもエスクリマ(フィリピンの武術)やHEMA(ヨーロッパの剣術)などの武器を使う武術と古武道と比較してください!

5:海外の反応

日本の武器は、実用的という意味ではアメリカの武器に勝っていますが、

隠し持っておくのには向いていないですね。

あと、その武器が違法かどうかについては、地域によってかなりの差があります。

6:海外の反応

>>5

確かにそう。日本の武器は法律を度外視して作られていますよね。

7:海外の反応

「この武器は合法?」

「ここはアメリカ南部だから、すべてが合法だ」

このやりとりが最高すぎる。

8:海外の反応

おもしろいビデオでした。

伝統的な武器と、現代的な武器の相違点だけじゃなく、似ている点もよく理解することができました。

9:海外の反応

10年以上軍隊で武器操作を学んできましたが、やっぱりアメリカのタクティカルライトは護身用には最適ですね。

持ち運びも簡単だし、照らせば数秒間相手の視界を眩ませることができるので。

10:海外の反応

釵と警棒と比べてみて、使い方が似ているのに驚きました。

11:海外の反応

最近ヌンチャクを始めたばかりなんですけど、

パイナップルにヌンチャクを当てても武器をコントロールできているのを見て驚愕しました…!

12:海外の反応

武器を使うにはそれぞれトレーニングを積む必要があるけれど、

伝統的な武器を使えるようになれば、全ての武器を効果的に使えることが分かりました!

13:海外の反応

古武道の棒術はすごい!

タクティカルライトと同じく、護身術に使えそうです。

14:海外の反応

手刀はすばらしかった!本当の剣のように使えるんですね。

果物を割るのではなく、ナイフのように真っ二つに切ったのには驚きました。

15:海外の反応

私は日本の方が強いと思いました。

昔の古武道の達人は、武器を簡単に隠すことができただけでなく、素手も武器として使えました。

彼ら自身が強力な武器だったのです。

16:海外の反応

確か、サムライは決闘や死刑には刀を使い、戦争の時には槍や弓を使ったと聞きました。

17:海外の反応

>>16

そうです。まず槍や弓を使って攻撃し、近距離では刀を使いました。

距離やタイミングで使い分けていたようですね。

18:海外の反応

手裏剣は、タクティカルライトの古武道版なんですね。

19:海外の反応

釵の使い方に驚きました。恐ろしい武器。

20:海外の反応

古武道を習って、異文化をもっと深く理解してみたくなりました!

感想

古武道の武器を使いこなせれば、どんな物も武器になるというコメントには納得でした。

引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。