海外【楽しみ!】「うる星やつら」が新しくTVアニメ化!

概要

2022年寅年の元旦。「うる星やつら」の選び抜かれた原作エピソードが4クールに渡ってテレビアニメ化されると発表されました。

海外の反応

1:海外の反応

このアニメ化では、オリジナルのオープニング曲とエンディング曲のリマスター版を希望します。

2:海外の反応

もしこれが新しいアニメになるなら・・・。
漫画に忠実なのか、それともオリジナルアニメをやり直すだけなのか気になります。

3:海外の反応

私の予想では、旧シリーズのアニメオリジナル要素は残さず、漫画とも違う内容になるのではと思います。
「うる星やつら」はメインストーリーがなく、連続性が緩いので、漫画に忠実である必要もないでしょう。

4:海外の反応

でも、やっぱり漫画は正確にカバーしてほしい・・・。
私は旧アニメをみたあとでマンガを読みましたが、マンガの章が省略されていたり、マンガのラムとアニメのラムがいかに違っているかに気づきました。

5:海外の反応

おそらく「ヤッターマン2008」のように、原作の要素はそのままに、ストーリーやシナリオを変えてのリブート作品になるのでしょう。個人的には大賛成です。

6:海外の反応

高橋留美子は大物だし、うまくいくと確信しています。少なくとも2クール以上のエピソード数になるだろう。
公式の翻訳ツイートには「a selection of original episodes」とあるので、今のところ具体的にどういう意味なのかちょっと迷うところです。

7:海外の反応

阿良々木暦の声でアタルを聞くのが待ちきれません。私の好きな変態が2人も融合してしまった。

8:海外の反応

誰か「うる星やつら」のパロディを西尾維新が書いたかのようにやってくれないかな。

9:海外の反応

「めぞん一刻」もまた、私のお気に入りの高橋留美子の作品なので、新たに映像化してほしいです。

10:海外の反応

>>9
わかります!もっと多くの人に素晴らしさを知ってもらいたいですね。

11:海外の反応

Twitterで知りました。通常のアニメのソーシャルメディアでは、この件に関する情報は皆無なのが不思議なくらいです。たぶん大晦日だからだろうけど。
トラの衣装で有名なラムですが、新しいアニメが寅の年に放送されるというのは面白いですね。
主演の声優が長瀞と斉木楠雄(と、リヴァイ)と同じなのがさらに面白い。
英語での吹き替えがうまくいくことを期待しています。

12:海外の反応

アニメの最初のエピソードは昨年10月15日に40歳になりました。
漫画は3年くらい古い。

13:海外の反応

このリブートには確かに興味があります。
しかし竜之介と彼女の父親について何かする必要がある。この時代には、そんなものは通用しないのだ。

14:海外の反応

竜之介 と父親の場合は、片方が明らかに正しく、もう片方の頑固さに常に打ちのめされているだけなので決していい気分ではありません。個人的には、「海が好き」や「真砂子」などのお父さんギャグにもっと力を入れて欲しい。

15:海外の反応

温泉マークが竜之介に女性らしさを教える代わりに、ラムとしのぶが彼女を助けてくれるエピソードが大好きです。

16:海外の反応

正直に言うと、楽しみでもあり、不安でもあります。
「うる星やつら」を見たことがない人がリブート版を見て、もっと見たいと思ったら、また元のアニメ、映画に戻り、それらも楽しめるかもしれませんね。だからこの新番組が何をもたらすのか私は楽しみです。

17:海外の反応

もし私が監督なら、わざわざオールドファンの期待に応えることはないだろうと、ふと思ったんです。だから、高橋先生の作品にインスパイアされた新しいラムを、新しい世代に知ってもらうための作品になるかもしれませんね。

18:海外の反応

初めて見る人は、新しいアニメの方を好きになるかもしれませんね。
とにかく、「うる星やつら」は80年代の日本では大きな文化的な出来事だった。多くの漫画家がこの代表作から刷り込みを受けた。そのインパクトの大きさを考えれば考えるほど、今回の新番組は少し距離を感じるかもしれません。

19:海外の反応

「うる星やつら」のアニメで、ラテンやトロピカルな音楽をモチーフにしたオープニングやエンディングがないのは想像がつきません。小林泉美さんをアドバイザーとして起用するのもいいと思います。

20:海外の反応

PVでは、ラムのラブソングのシングルが流れていたので、期待したいところです。

21:海外の反応

音楽は違うものになると思う。70年代のディスコの影響を受けたアニメポップは、今の時代には売れないでしょう。
当時、日本の音楽は海外(アメリカ)の音楽の影響を強く受ける傾向がありましたが、その後、日本独自のアイデンティティーとテイストを確立しています。

22:海外の反応

オリジナルアニメは本当によくできていて、演出も素晴らしかったので心配です。
タイミングが重要なコメディシリーズでは特に。

23:海外の反応

これは見ていて気持ちいいでしょう。

24:海外の反応

なんという新年のご褒美。

25:海外の反応

オリジナルは見たことがありませんが、見てみたいです!

感想

あのドタバタが新しくみれるということでとても楽しみですね!
他の声優さんも気になります。

引用

Urusei Yatsura *might* get a new adaptation in 2022 with Sumire Uesaka as Lum and Hiroshi Kamiya as Ataru. Broadcast *could* be on Fuji TV’s noitaminA programming block. from uruseiyatsura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。