海外【早く観たい】『シン・ウルトラマン』日本公開直前!→うらやましがる海外ファンたち

『シン・ウルトラマン』公式サイト

概要

庵野秀明が企画・脚本を手掛ける映画「シン・ウルトラマン」。公開日が来月に迫り、その最新版の予告編が公開されると、徐々に映画のディテールが分かってきました。

ただ、日本での公開日は決まったものの、欧米など海外での公開日は未定。

「シン・ウルトラマン」公開を待つ海外ファンたちの反応をまとめました。

海外の反応

1:海外の反応

トレーラーを観て、本気で鳥肌が立った。

子供向きではなくて、重々しい雰囲気だな。

2:海外の反応

東宝ロゴを見ると、喜びと禍々しさを同時に感じる…

3:海外の反応

「ドライブ・マイ・カー」の俳優(西島秀俊)が出てるのか。

彼は作品選びか上手いな。

4:海外の反応

「シン・ウルトラマン」の予告編を観ると、出来栄えはよさそうだ。

「シン・ゴジラ」のCGはオスカーレベルだったし、まだ心配だけど期待しよう。

5:海外の反応

>>4

確かに「シン」シリーズのCGはまだまだだけど、

チームとして問題解決に取り組む脚本のスピード感は最高だったよ。

(少なくとも「シン・ゴジラ」ではね)

6:海外の反応

個人的には、70年代っぽいチープなビーム表現が気に入ってる。

7:海外の反応

>>6

「特撮」に対する直接的なオマージュだよね。

古い映画へのリスペクトが感じられる。

8:海外の反応

米津玄師の「M八七」が新ウルトラマンの主題歌になるんだな。

彼自身がアルバムアートワークも手掛けたらしい。すごい。

9:海外の反応

「シン・ウルトラマン」や「シン・仮面ライダー」が「シン・ゴジラ」と同じように成功することを願ってる。

庵野監督が長年ファンだった作品に携わることで、幸せな人生を送れていることが分かって嬉しいよ。

10:海外の反応

>>9

「シン・ウルトラマン」を、庵野秀明『監督』の映画だと思ってる人多くない?

企画・脚本 庵野秀明 監督 樋口真嗣

https://shin-ultraman.jp/

11:海外の反応

総監督の樋口真嗣が、この映画のヘンリー・セリック監督にならないといいなと思う。

大学とディズニー時代の知人であり映画監督のティム・バートンに注目されたことから、セリックは1993年、バートンの製作の元『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』で長編映画監督デビューに至る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

12:海外の反応

0:52で、車に乗りこんでるザラブ星人に笑った。

このウルトラ・エネミーのリデザインは、昔のデザインに忠実で好きだな。

13:海外の反応

>>12

このショットで、「シン・ウルトラマン」が最高になることが確定したよ。

14:海外の反応

>>13

ザラブ星人の声は、津田健次郎が担当するらしい。

セクシーすぎるけど大丈夫なの??

15:海外の反応

私は1970年代の子供の頃からウルトラマンのファンなんだ。

DVDでオリジナルシリーズを持ってるんだけど、特に字幕版は今だに見返すほど。

本当に待ち遠しい…!!

16:海外の反応

アメリカやヨーロッパでの劇場公開はあるのかな…日本が羨ましいよ。

17:海外の反応

>>15

「シン・ゴジラ」も割とすぐ公開されたし

「シン・ウルトラマン」も追って公開されるはず。

18:海外の反応

おいこの予告編…!!!

「シン・ゴジラ」と「シン・ウルトラマン」って明らかに同じ世界線でしょ…

19:海外の反応

>>18

ゴジラも登場するってこと??

早く映画を見せてくれ…

20:海外の反応

早く「シン・ウルトラマン」が公開されて、世界中のファンと熱く語り合いたい…!!!

感想

海外での公開時期や配信時期は、現時点で発表されていません。

予告編公開に伴って新たな怪獣や声優などの情報が解禁され、ファンたちの期待は高まるばかりです。

引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。