海外「日本人は天才だ!」国際的大ヒット映画の邦題の言葉遊びがスマートすぎると話題に

概要

映画の「邦題」が海外で話題になっているようです。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(邦題)は、2016年公開のヨン・サンホ監督によるアクションホラー作品。時速300キロメートル以上で走行中の高速鉄道の中での、ゾンビパンデミックの恐怖と混乱を描いた作品です。

作品は全世界での興行収入が約9850万ドルを記録する大ヒット作品となり、ハリウッドでもリメイク版を製作中とのこと。

この映画の原題をそのまま日本語にすると「釜山行き」。英語版タイトルも原題にならって「Train to Busan」です。

一方で、邦題の『新感染』というタイトルは、高速鉄道(日本で言う“新幹線”のような)とゾンビウイルスのパンデミック=「感染爆発」のダブルミーニングとなっています。

このタイトルが「映画のタイトルとして最もスマートな言葉遊び」だという内容のツイートに、1.3万件のいいねが付き、多数のコメントが寄せられました。

コメントの一部を翻訳してまとめたので、ぜひご覧ください!

新感染 ファイナル・エクスプレス [ コン・ユ ]

海外の反応

1:海外の反応

これはかなり素晴らしい変換だ!また、この映画自体もとても素晴らしい映画だよね。

2:海外の反応

これはクールだね!!!
『新感染』が「新幹線」という意味を含んでいるなんて知らなかった!

3:海外の反応

大好きなゾンビ映画!確かに楽しい語呂合わせだね😃

4:海外の反応

知的なローカライズだ。

5:海外の反応

日本語は難しい…でも漢字でこんな言葉遊びができるなんて!

6:海外の反応

この言葉遊びを見つけた時、つい邦題の映画のブルーレイを買ってしまったよ笑

7:海外の反応

>>6
「新感染:”ファイナルエクスプレス”」は傑作だよね!笑

8:海外の反応

ということは、日本では「Train to Busan」ではないのか。

9:海外の反応

>> 8
日本では多くの映画のタイトルがローカライズされているんだ。嬉しいことに。

10:海外の反応

日本人が「新幹線」の映画を検索して、間違えて「Train to Busan」を見始めてしまうのでは?

11:海外の反応

>>10
おそらくそれはないよ。漢字が違う。

12:海外の反応

先日、ちょうどこの話をしていたんだ!
これは完璧なダブルミーニングで、素晴らしいと思った。

13:海外の反応

日本語には1万個文字があるのに、読み方は1000ほどしかないそうだ。
どおりで漢字の意味を覚えることが大切なわけだ。

14:海外の反応

ナイスなアイディアだ!
それなら、英語では “Trainfection “と呼ぶべきだったかもしれない

15:海外の反応

>>14
train(電車)+Infection(感染症)か!

16:海外の反応

私は『Encanto』の邦題『ミラベルと魔法だらけの家』が好きなんだ。
「家」(家と家族)の二つの意味と、「だらけ」の迷惑そうな意味合いがこの映画をよく表現していると思う。

※原題『Encanto』はスペイン語で「魅力」「魔力」という意味。

17:海外の反応

この話を聞いて「死役所」という作品のことを思い出した!
市役所」の最初の漢字を「死」に置き換えて、作品の内容を示しているんだ。

死役所 1 (バンチコミックス バンチコミックス) [ あずみきし ]

18:海外の反応

漫画『かくしごと』の登場人物の名前にも言葉遊びが多用されてる。
日本のメディアではこういうのがよく使われているんだね。

『かくしごと』は、久米田康治による日本の漫画作品。『月刊少年マガジン』(講談社)にて、2016年1月号から[1]2020年8月号まで連載された[2]。

娘に漫画家であることを隠し通そうとする父と、その娘の日常を、漫画家のあるあるネタを交えつつ描かれる久米田自身の体験談を思わせるハートフルコメディ。タイトルは「隠し事」と「描く仕事」のダブル・ミーニングとなっている。

Wikipedia

19:海外の反応

やっぱりね。
日本人はダジャレを通してコミュニケーションを取っていると確信したよ。笑

20:海外の反応

>>19
そうならいいんだけど。笑
日本での生活ももっと明るくなりそうだ

感想

外国映画の邦題については、こちらの記事でも取り上げています。

最近は原題をそのまま使う作品も増えていますが、この作品のように工夫を凝らしたタイトルを生み出してきた(時には失敗もありますが…)日本の文化も大切にしていきたいものですね。

引用

Twitter

3 件のコメント

  • こんなB級映画臭漂うタイトルが良いわけないじゃん
    タイトルで釣るしか売上伸ばせないgm映画って自白してるようなもん
    まあネット広告アホほど流れてたしそこそこ売り上げたんじゃないかな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です