海外「あの子のための歌だ」進撃の巨人 完結編の主題歌に海外からコメント殺到!英詞が素晴らしいと話題に

出典:YouTubeチャンネル「Anime PONY CANYON」
出典:YouTubeチャンネル「Anime PONY CANYON」より

概要

『進撃の巨人The Final Season 完結編(前編)』の主題歌、SiM「UNDER THE TREE」が、2日間で約467万回再生(2023年3月6日時点)を記録し、アメリカの急上昇ランキングに入るなど大きな反響を呼んでいます。

コメントは現時点で9000件を超えていますが、日本語のコメントはほとんどなく、英語やスペイン語、ポルトガル語、ロシア語など、外国語ばかりとなっています。

特にSIMが演奏する壮大な音楽と、シンプルで美しく作品のストーリーを深く汲み取った英語詞が海外の方の心を打っているようです。

歌詞はこちら↓ ※()内は和訳

UNDER THE TREE Lyrics

where are you at? where have you been?(何処に居るの?何処に居たの?)
問いかけに答えはなく
where are we headed? what did you mean?(私たちは何処へ向かっているの?あの言葉の意味は?)
追いかけても 遅く 遠く
a bird, a butterfly and my red scarf
(鳥と 蝶々と 私の赤いマフラー)
don’t make a mess of memories(思い出を台無しにするのは止めて)
just let me heal your scars(私があなたの傷を癒すから)
the wall, the owl and forgotten wharf(壁と フクロウと 忘れ去られた埠頭)
時が止まることもなく
we’re getting older second by second(私たちは年老いて行く 一秒、また一秒)
why oh why, why oh why(嗚呼 どうして)
don’t you want to stay with me?(私と居てくれないの?)
why oh why, why oh why(嗚呼 どうして)
are you giving up on me?(私を見限ろうとしているの?)
I’ll be waiting, waiting for you(私は待つ あなたを待つ)
let me hold you under the tree (あなたを抱きしめさせて欲しい)
under the tree(あの木の下で)
I‘ll protect you(私が あなたを守る)

YouTubeより引用

この曲についてのコメントをまとめたので、ぜひご覧ください!

進撃の巨人(33)【電子書籍】[ 諫山創 ]

価格:462円
(2023/3/6 08:22時点)

▲進撃の巨人The Final Season 完結編(前編)は33巻の内容となっているようです

海外の反応

1:海外の反応

『進撃の巨人』ほど素晴らしい音楽を使っている作品は他にはない!!

2:海外の反応

この歌詞はとてもいいね…。

「壁、フクロウ、忘れられた波止場」…あのキャラクターが言及されている部分が好きだ。

3:海外の反応

この歌詞を聴いて、プラトン(古代ギリシャの哲学者)の言葉を思い出した。

「兵士は目の前の兵士を憎んで戦うのではなく、背後の兵士を愛して戦う。」

これはエレン・イェーガーのために書かれたものだ…!

4:海外の反応

>>3

あまりにもしんどい…

5:海外の反応

SiMは『進撃の巨人』の最後の2つのパートの気持ちを伝えるために、素晴らしい仕事をしてくれた!

「Rumbling」が怒りに重点を置いていたのに対し、この曲は終わらせなくてはいけない悲しみを表現している。皆さんと一緒にこの旅に参加できてよかったよ。終わりは近い。

6:海外の反応

>>5

個人的には「Rumbling」は絶対に怒りの歌ではなかったと思う。あれはエレンの哀しみだった。

7:海外の反応

自分を終わらせたいエレン、そしてエレンを終わらせるために覚悟を決めた盟友たち、そういう登場人物の気持ちを音楽が代弁してくれている。

8:海外の反応

最初(「Rumbling」)はエレン視点。この「UNDER THE TREE」はミカサ視点、そして最後の曲はアルミン視点なんだろうか…?

素晴らしいアニメを、主人公3人の力強い感情で終わらせてほしい🔥

9:海外の反応

>>8

思えば、「ぼくのせんそう」はパラディとマーレの視点だったのかな。

10:海外の反応

とても心に刺さる曲だった。

特に、「I’ll be waiting, waiting for you, let me hold you under the tree.(私は待つ あなたを待つ、木の下で抱きしめてあげる)」という歌詞。彼女がエレンに捧げた心がすべてこの歌詞にある。

11:海外の反応

これはミカサがエレンに向けた歌なんだな。

SiMは、この曲はミカサに捧げると言っていたけど、彼らはこの曲で彼女のキャラクターと感情を本当によく捉えていると思う!

SiMとMappaは期待を裏切らない。

12:海外の反応

だからこのバンドはテンポを抑えて歌っているのだろう。歌詞の一つ一つが心に染みてくる…

13:海外の反応

マンガのエンディングを読んでから2週間ずっと赤ん坊のように泣き続けたのは、この作品だけだし、これからもきっとこの作品だけだ。

エレンは今までにない最高のキャラクターで、この傑作の結末をもう一度、今度は素晴らしい音楽とアニメーションと声優で見るのが待ちきれない…!

14:海外の反応

このアニメは、中学生の頃、人の死がどれほど衝撃的で辛いものかを理解させてくれた作品なんだ。

このアニメが終わる時、みんなと一緒にいられることを嬉しく思う。

15:海外の反応

そうか、私の大好きな作品がついに終わってしまうんだ….

16:海外の反応

最後か。2013年からこのアニメを見始めたんだ。もう10年も経ったなんて信じられない、とんでもないジェットコースターだった!そして皆でこの作品の最後を見届けよう!

17:海外の反応

この名作を初めて観たのは、9歳の時。今は19歳になったんだ。私はそれを見て育ったと言ってもいいと思う!

あと数ヶ月で終わってしまうなんて信じられないよ…。

18:海外の反応

この素晴らしい番組を皆さんと一緒に見ることができて嬉しいよ。どんな結末を迎えようとも『進撃の巨人』は史上最高の番組の一つとして語り継がれるはずだ。

作中で死んでいった仲間たちのこともすべて愛おしく思い出せるよ。

19:海外の反応

私はこのアニメで人生が変わった。諌山さんありがとうございます。

このエピソードは、おそらく私がこれまで見たフィクションの中で最高のものだった。そして、その考えはずっと変わらない。

20:海外の反応

これは単なるアニメではなく「何事にも終わりがあること」を感じさせないような、永遠に続く美しい物語なんだ。

[新品/あす楽]進撃の巨人 (1-34巻 全巻) オリジナル収納BOX付セット 全巻セット

価格:16,907円
(2023/3/6 08:19時点)

注目記事

「あれはあかんわ」外国人が忘れられないアニメの【トラウマシーン】を語り合ったら納得の意見が続出!?

海外「心配だ」アニメ『メイドインアビス』続編制作決定!→海外ファンの正直な感想がこちら…

「日本が誇る傑作だ…」劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が海外で大絶賛!反応まとめ

感想

この曲の簡潔で美しい詩は、寡黙でありながら心の中に深い愛情を持つミカサのキャラクターを表現しているのかもしれません。

素晴らしい音楽に彩られながら最終章を迎える『進撃の巨人』。終わってしまうのは寂しいですが、彼らの姿を最後まで見届けたいと思います。

引用

YouTube

2 件のコメント

  • 確かにミカサの心情を想起させる歌詞だなあ
    胸に迫るものがある
    ネタバレを避け続けてここまでたどり着いたけど、ホント終わるのが寂しく感じるな
    ここまで心のあらゆる部分を、丹念に丁寧に隅々まで押しつぶしてくれた作品は無かった
    ハッピーエンドなんかまるで期待できないが、見続けて良かったと思えるだろうな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です