【感動】大谷翔平が恩師『栗山英樹監督』を語る動画が海外で話題に!「二刀流の才能を引き出したのは彼だったのか…!」

概要

『FOX スポーツ』のベン・バーランダー氏による大谷翔平のインタビュー番組「Searching For Shohei」からの動画が話題になっています。

動画には、来春のWBC2023で「侍ジャパン」の指揮を執る栗山英樹監督が登場。「二刀流」誕生のキーマン栗山監督と、大谷翔平選手が、日本ハム時代について語っています。

海外の反応

1:海外の反応

ベン、素晴らしい作品を届けてくれてありがとう 翔平はMVP!!!

2:海外の反応

翔平は野球界のマイケル・ジョーダンなのに、彼について深く掘り下げているメディアはあまりないんだ

この番組はまるでドキュメンタリーのようで素晴らしいよ

3:海外の反応

彼のやっていることは、本当に世界を変える

4:海外の反応

大谷選手、みんなの人生を勇気づけてくれてありがとう

5:海外の反応

大谷選手に関する素晴らしいインタビューだ!野球は本当に人々を一つにするもので、今回もそれを証明してくれた 

この世界で活躍する最高の選手について、誰かが語っていかなければいけないんだ

誰が何と言おうと、私のMVPは彼だよ!

6:海外の反応

最近、翔平選手が日本に帰国してたけど、メディアで翔平選手を見ることはほとんどないんだ

なぜかというと、彼は来シーズンに向けてのトレーニングや練習に打ち込んでいるからなんだよ(リトルリーグ時代と変わらずね)

どんな成果を残しても、裏でさらなる努力を続けることができる…翔平はだから天才なんだ

7:海外の反応

アスリートとしての大谷翔平は、MLBの選手たちが「片方をそんなレベルでこなすだけでも大変だ」と言っているように、人知を超えたものと言ってもいい

でも、大谷のキャリアと二刀流選手としての成長を考えると、投打の両方で活躍することを進めた監督の影響が大きいことがよく分かるね

その献身的な姿勢が、彼のユニークな才能を引き出したんだ!!

8:海外の反応

翔平が活躍できたのは、すばらしい指導者に出会えたからなのか…

9:海外の反応

翔平がプロ野球選手になってから10年…不可能と言われた二刀流を18歳の男が決意したこと、そしてそれをやり遂げていることは、当時から考えると信じられない

栗山監督は、翔平の才能を信じて厳しい試練を与えたんだね

普通、年をとればとるほど頑固になるものだけど、彼はとても柔軟な考え方を持っていたんだね

10:海外の反応

批判の中、5年間も翔平の可能性を疑わなかったからこそ、翔平は自分を信じることができたということか

栗山監督の勇気と翔平の決断が歴史を変えた!私たちに夢を与えてくれた二人の姿に感謝するよ

リニューアル記念メガセール MLB エンゼルス 大谷翔平 Tシャツ 半袖 SHO-OFF ショーオフ マジェスティック/Majestic レッド

価格:7,810円
(2022/11/25 08:50時点)

11:海外の反応

彼の野球に対する愛…めちゃくちゃ尊い…

12:海外の反応

大谷選手の恩人の栗山元監督は、スポーツキャスターから日本ハムファイターズの監督になり、コーチ経験もないという異色の経歴の持ち主なのか…

メジャーで彼と同じような成功を収めた監督はいるの?

13:海外の反応

いや、ヤクルトスワローズの選手を辞めてからキャスターになり、その後監督になったそうだよ

教員免許も持っているらしい

14:海外の反応

来春のWBC2023で侍ジャパンの監督として再び大谷翔平の監督をするそうだ!楽しみだな

15:海外の反応

翔平が所属するMLB球団の監督に、栗山監督が就任してくれたらな

16:海外の反応

いや、彼にはエンジェルスのマネージャーになってほしいよww

17:海外の反応

個人的には、大谷翔平のようになれるプロ野球選手は大勢いると思う

ドラフトで指名された選手は、高校を卒業した時点で彼と大差なかったはずだからな

ただ簡単なようで難しいことが、プロ野球の世界に入ってからどれだけ野球に打ち込めるかだ

少しでもお金や名誉を手にすると、普通の人は野球以外の誘惑に負けてしまうからね…

18:海外の反応

翔平は野球と結婚している。だからすごい選手になれたんだ

19:海外の反応

でも彼はきっと、MVPにもサイ・ヤング賞にも選ばれないだろう…

20:海外の反応

>>19

それは、MLBにはまだ真の二刀流選手に対する適切な評価システムがないからだ!だから大谷は、二刀流を完全に無視した統計結果に従わなければいけない

それでも大多数の選手は、どちらかの分野でも大谷翔平ほどのレベルに達していないし、そもそも受賞する資格すらない…驚くべきことにね

感想

インタビュアーのベン氏は、大谷翔平が入団当初投手一本での活躍を考えていたことに驚いていたそう。確かに今の二刀流の活躍を知っているメジャーリーグファンから見れば、大谷選手が初めから投打どちらもできる選手を目指していたと考えていても不思議ではありません。

いよいよ来月18日に発表されるMVP。8日には両リーグの上位3人が最終候補となり、大谷選手が2年連続受賞なるか、注目されています。年間最優秀投手に贈られるサイ・ヤング賞はMVPの前日に発表されるので、こちらも楽しみに待ちたいですね!

引用

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です